ミニキャラを簡単に描くために大切な3つのこと

ミニキャラを簡単に描くために大切な3つこと

ミニキャラ描くとなんかおかしい…描けないからミニキャラを描ける人がうらやましいよ。きっと私には描けないんだ。
プロフィール猫
ミニキャラを描くのは最初は難しいかもしれませんが、簡単に書くコツを覚えるとすぐに描けるようになります!今すぐやってみましょう!

リアルな人を描くことと比べると、ミニキャラを描くのはとても簡単です。

ミニキャラは描く時間も短縮できますし、デフォルメの技術を鍛えることもできます。

ぜひここでミニキャラの描き方を覚えて、画力をどんどん高めていきましょう!

ミニキャラは自分の中でパターンを決めて描くことが大切です。

いくつかパターンを紹介するので、それぞれ試して自分なりのミニキャラの描き方を習得しましょう!  

▶何頭身のミニキャラを描くか決める

2頭身か3頭身かでもかなり頭の大きさや体の長さが変わってきます。

ただ単にミニキャラを描こう!ではなく、具体的に何頭身のキャラクターを描こうという目標を最初に設定することが大切です。

▷目標を設定すると自分が何をすべきかが理解できる

自分がやるべきことを自分で知ることは非常に大切なので、この人みたいなミニキャラを描きたいと憧れている絵描きさんを決めることもとてもいいと思います。

自分の好きな絵描きさんを見つけることはよい絵のシルエットを学ぶこともできるので、ぜひ見つけておきたいところです。

▷2頭身、3頭身、4頭身の違い

さて、2頭身、3頭身の違いはおそらく理解していると思いますが、ここで大まかに見てみましょう。 2頭身から3頭身になるにつれて、頭の大きさが小さくなる印象があるかもしれませんがそれに加えて手や関節、耳などもリアルになっていきます。

目を描き加えてしまうと体の違いに着手しにくいと思い、かなり単純化して描きましたが、目の位置や大きさもかなり変化します。

脚や手の長さはお好みで調整するとよいと思ますし、2.5頭身も作ることができます。

また、頭身の違いのみを見てもらうために似たような描き方で描きましたがもっと肩幅を広くしたり、2頭身の首を無くすことも書き方の一つです。

▷描きたい頭身を決めて練習する

どの頭身を描くかを決めてから練習をしましょう。

あれもこれもと挑戦するのもよいですが、その際にも自分が何をどのようにかけるようになりたいのか考えてください。

常に考えながら絵を描けと様々な人が言いますが、私もそう考えています。

そうすることが一番の上達法です。

ミニキャラを描くだけでなく、絵を描く際は目標を常に設定し続けることが大切です。

▶アタリのとり方を決める

アタリは単純なように見えても印象を決めるので実は大切です。

その印象で書き進めていくことが多いので、自分に合ったアタリをすることでより理想に近いミニキャラを描くことができます。

▷好きなアタリを選ぶ

十字は目や鼻の大まかな位置に配置していますが、なくてもいい人は描かなくても問題ありませんが、顔の向きやアオリかフカンかの情報を付け加えることができるため描くことをお勧めします。

イメージを膨らませることはここからすでに始まっているのです。 上に3パターンを描いてみました。

私が一番最初にミニキャラを描き始めたときのアタリは左から2つ目の〇二つに十字のバージョンです。

ある程度までこれで進めてましたが、手や足の長さ、体の大きさなどが全くイメージできないために、他のアタリを使い始めました。

最近使っているのは主に右側のAを使った描き方ですが、女の子にこちらは多く使い、男の子を描くときは左端の□に足と手を加えたものを使います。

デフォルメ化したミニキャラと言えども男女の差ははっきりとつけないとわかりにくいと考えています。

男の子は少し角ばった形のアタリを、女の子は丸みのあるアタリを使用する。

▷シルエットを考えてアタリを決める

私の場合は、上半身を細めで下半身は大きく短いミニキャラが好きなのでそのようなバランスをとることのできるアタリを描きます。

しかし、全体的に丸みを帯びているようなミニキャラが好きな人もいると思います。

その人は私のようなAを体に使わない方がうまくいくかもしれません。

大切なのは、自分の好みのミニキャラはどのような印象を持っていて、それを描くには自分はどうすれば描きやすくなるのか考えることです。

▶描きたいキャラクターをデフォルメをする

それぞれ描きたいキャラクターは異なると思いますが、服や髪の毛を描く際にはデフォルメが重要になってきます。

ここではデフォルメの仕方を紹介します。

人それぞれ違うと思いますが、参考までにどうぞ。

▷初音ミクの頭身別ミニキャラ

2頭身の時点でフリルをつけたりしていくのもいいですが、ここでは変化を出すために大まかな部分だけをかき、4頭身ではかなり細部まで描きました。

3頭身はちょうどその中間ですが手元などの変化が最もわかりやすいと思います。

髪の毛は描き方によってかなり変化が出てしまうため今回は服のデフォルメを中心に変化させて描きました。

自分の好みでどこを描くかは変えていくとオリジナリティーが出てきます。

同じ2頭身のミニキャラを描いた時のメイキング動画があるので、こちらも参照してみてください。

▶ミニキャラを描くためのまとめ

  • 何頭身のミニキャラを描くか練習する前に決める
  • 自分に合ったアタリで描く
  • 頭身に合うデフォルメをする

これらのことに気を付けてミニキャラを描く練習をしましょう。

自分に合った描き方が見つかり、目標を設定して考えながら描くことで上達していきます。

私も日々描き方が変化していくので、変わったときにはまた更新していきます。

~更新日:2018/9/11~

スポンサーリンク
ふぉーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
ふぉーから趣味に彩りを

コメント

トップへ戻る